一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

少し間が空いてしまいましたが、今回はノーカラートレンチコートの裏地アレンジの仕上げ部分を解説していきます。

 

前々回は表地と裏地を縫い合わせる所まで解説しました。

その後は、裏無しの場合と同じように、縫い代を折ってから表に返し、アイロンで整えます。角は厚み軽減のため四角くカットします。そして前端〜衿ぐり〜反対の前端まで、表側から押さえステッチをかけていきます。

 

これでほぼほぼ完成なのですが、最後のまとめ作業が少し残っています。

 

裏地を付けると必ず必要なのが、中綴じ(なかとじ)と言われる作業です。それは、見返しとの縫い目だけでなく、要所要所で表地と裏地を縫い留めていく作業です。これがなかなか面倒で・・・、でもこれを怠ると着やすい洋服にはなりませんので頑張ります。

 

今回のコートだと、まずは脇の下の(裏地)袖ぐり縫い代を、表地と5儡岼緬イい泙后これはミシンが入ればミシンでもいいし、手縫いでも可です。次は袖の袖下縫い代の中間あたりを5儖緬イの韻瓩泙后C翊屬犬念貳崔躇佞靴覆韻譴个い韻覆い里蓮△弔豐兇里覆い茲Δ忙転紊欧襪海箸任后N地の袖下には2.5僂里罎箸蠅入っていますので、そのゆとりが袖口に溜まったりしていないかよく確認してから縫い留める必要があります。

あとは、身頃の脇線の中間あたりも5儡屬曚秒翊屬犬靴泙后今回の場合は中綴じは以上です。

 

次はふらし仕立ての場合に必要なまとめ作業として、脇線の裾部分に糸ループを付ける作業があります。

 

 

写真は、表地裾で糸ループを作っている途中です。糸の輪っかの中に、また糸を通して引き出して新たな輪っかを作り、という作業を繰り返して3冂の糸ループを作り、裏地の裾に縫い付けます。

 

 

これで、ふらした裏地の裾が大きくめくれ上がったりするのを防ぐことができます。

 

 

そして最後の最後に、見返し裾の切りっぱなしの部分と、その上の裏地の始まり部分を1.5儡屬らいまつっておきます。

これでまとめ作業は終了です。

 

 

 

結構手作業も多く、なかなか根気のいる場面も多いですが、裏付きコートまで作れると本当に充実感いっぱいになると思います。

まずは簡単なふらし仕立てからぜひチャレンジしてみて下さい!

 

今日はここまで。

 

皆様のハンドメイドライフが楽しいものになりますように・・・

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

ノーカラートレンチコートを作ってみたくなったら、ぜひネットショップをご覧ください!

 

ノーカラートレンチコートのパターン(大人用)

ノーカラートレンチコートのパターン(子供用)

 

 

 

ランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 ファッションブログへ
 にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
 にほんブログ村 ファッションブログ 子供服へ

最近よく作っているノーカラートレンチコートですが、大人用でも裏地付きバージョンを作りました。

 

最近作り方解説的な内容が多かったので、ここでちょっとブレイク。

 

 

ホワイトに近いような、でもちょっとグレーがかったウール100%の生地で作りました。

 

 

こちらはほどほどに厚みもあったり、大人用ということもあり少し手間をかけました。裾や袖口、前端〜衿ぐりにミシンステッチを入れないで仕上げています。全て手でまつったり、星留めステッチなどで仕上げています。こうすると、ちょっと高級感が出るのです。

 

 

 

前端にステッチが入ってないのがわかるでしょうか。

 

 

 

表面に表情のある生地です。

 

 

裏地の付け方は前回と同じにしています。

 

この秋冬はご自身でウールコートを作ってみたいという方、前端の星留めステッチとてもお勧めです!

 

今日はここまで。

 

皆様のハンドメイドライフが楽しいものになりますように・・・

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

ノーカラートレンチコートを作ってみたくなったら、ぜひネットショップをご覧ください!

 

ノーカラートレンチコートのパターン(大人用)

ノーカラートレンチコートのパターン(子供用)

 

 

 

ランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 ファッションブログへ
 にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
 にほんブログ村 ファッションブログ 子供服へ

 

前回は表地からの裏地(パターン)の取り方を解説しました。

 

今回はいよいよ表地と裏地の縫い合わせ方を解説します。

 

 

前回の方法で裏地パターンを用意したら、表地、裏地、芯地を裁断しておきます。その後表地に芯を貼っておきます。

 

裏付きコート制作のおおまかな流れとしては、表地をつなげる→裏地をつなげる→表地と裏地をつなげる となります。

 

最初の表地をつなげる部分は、裏無しコートで解説したのと同様で大丈夫です。裏付きの場合も表地の全体がつながったら、前端と衿ぐりに伸び止めテープを貼っておきます。その後は一旦表地は置いておきます。

 

次に前後の見返しをつなげます。今回はさらに裏地と縫い合わせるので、端のパイピング始末などはいりません。

 

見返しをつなげたら、見返しは一旦置いておいて、今度は裏地をつなげていきます。

 

まずは後ろ身頃裏地と袖裏地です。今回のようなふらし仕立ての場合は、一応裏地も表地も縫い代始末をした方が良いでしょう。

 

後ろ身頃裏地と袖裏地の袖ぐりを縫い合わせますが、今回は表地同様縫い代2僂納茲辰討い襪里破イぢ紕沖僂破イい泙后△噺世い燭い箸海蹐任垢、縫い代1.8僂破イ辰討います。残りの2个魯セと言って、一種のゆとりとして残します。具体的にどうするかと言うと、縫い代1.8僂破イ辰討ら、アイロンで縫い代を倒すときに縫い目から2估眤Δ妊▲ぅ蹈鵑鬚けるようにします。そうすると、その折った2个完全に開かれずにゆとりとして残る、と言うわけです。下の写真で何とか伝わるでしょうか?縫い目から2估眤Δ棒泙衞椶付いています。

 

 

 

裏地の縫い方の最大のポイントはキセをかけることです。通常ですと、縫い代は1.2冑佞韻藤鵜僂破イぁ∋弔2个鬟セ。もしくは縫い代1冑佞韻0.8僂破イせ弔2个鬟セ、という風にしていきます。

 

アイロンで縫い代を倒したら、忘れずに縫い代のロック始末をしましょう。裾は1儷劼了阿沈泙蠅任后

 

 

裏地がつながったら、縫っておいた前後見返しとつなげていきます。裏地高でアイロンをかけたら、ここも縫い代にロックをかけておきます。

 

裏地と見返しがつながったら、ようやく表地と裏地を縫い合わせます。ここは、裏無しの場合と同じで、表地と中表に合わせ、左前裾から、見返しを見ながら(上にして)縫っていきます。なぜ見返しを上にするかと言うと、表地側は伸び止めテープを貼っているのでかっちりと長さが動きませんが、貼っていない見返し側は縫っていると正直どんどん伸びてしまいます。最後にすごくずれてしまった、と言うことがないように、合印の箇所をピンで固定しながら、見返しをイセ気味に(ミシンの押さえに押し込んで縫っていく感じ)縫っていくようにしましょう。

 

 

今日はここまで。次は裏付きコートの仕上げを解説します。

 

 

皆様のハンドメイドライフが楽しいものになりますように・・・

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

ノーカラートレンチコートを作ってみたくなったら、ぜひネットショップをご覧ください!

 

ノーカラートレンチコートのパターン(大人用)

ノーカラートレンチコートのパターン(子供用)

 

 

 

ランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 ファッションブログへ
 にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
 にほんブログ村 ファッションブログ 子供服へ

前回は裏付きアレンジの場合の芯貼り箇所を解説しました。

 

今回は裏地の取り方を解説していきます。

 

まずは後ろ身頃から。背中は腕を動かしたり背を丸めたりする際にゆとりが必要なので、背中心にタックを入れます。

今回は表地のパターンの背中心に、横方向に両身で合計4僖廛薀垢靴董■沖僂凌爾気離織奪になるようにしました。

また、衿ぐりは見返しの分を裏地側でカットします。例えば衿ぐりに4儷劼慮返しが付いているとしたら、4僖ットしてしまいがちですが、そこは裏地の出来上がり線になるので、見返しとの縫い合わせに必要な縫い代を忘れずに付けて下さい。つまりカットは3冓です。

次に後ろ身頃の裾ですが、今回はふらし仕立てで、表地から2僂旅気─蔽擦ぁ砲濃転紊欧泙后その場合は表地の出来上がり線で裏地の裾をカットします。1儷劼了阿沈泙蠅砲垢襪函表地から2僂旅気┐濃転紊蠅泙后8紊躾蛤△領地、それ以外は表地と同じにカットします。

 

次は前身頃。前は表地パターンから前見返し分をカット、そこに1僂遼イぢ紊鯊しておきます。この見返しとの縫い合わせラインには、3か所ほど合印を入れておきましょう。前見返しの、裾の出来上がり線から2兢紊僚蠅裏地の裾が来る所なので、そこにも合印を入れておきます。裾は後ろ裏地と同様に前身頃表地の出来上がり線でカットします。それ以外は表地と同じにカットします。

 

最後に袖の裏地です。身頃同様、袖の衿ぐり部分は見返し分をカットして、そこに1僂遼イぢ紊鯊しておきます。裏地の取り方全体で一番のポイントとも言えるのが、袖底のゆとり入れです。袖底、つまり脇の下の部分は表地に覆いかぶさるような形になるので多めにゆとりを入れます。具体的には、表地のパターンよりも袖底を2.5冂上げてパターンを作ります。そうすると、身頃の袖ぐりと縫い合わせる時に長さが合わなくなるため、必然的に裏地の袖巾を広げて袖ぐりの長さと合わせるようにします。

 

 

写真から何となくイメージは伝わったでしょうか?ちなみにこの写真では、衿ぐりの見返し分を除くのを忘れて裏地をカットしてしまいました。

袖口の裏地は、表地の三つ折りの中に入れ込む仕様にしますので、袖口裏地も表地の出来上がり線でカット、と言いたいところですが、袖には裏地がつったりしないように、縦方向に5个曚匹罎箸蠅鯑れます。なので、袖口は表地の出来上がり線プラス5个里箸海蹐妊ットします。

 

以上が裏地の取り方になります。このやり方で、裏地のパターンを作ってから裏地を裁断すると間違いが起こりにくいです。

 

 

今日はここまで。次は裏地の縫い方や表地との合体のさせ方を解説します。

 

 

皆様のハンドメイドライフが楽しいものになりますように・・・

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

ノーカラートレンチコートを作ってみたくなったら、ぜひネットショップをご覧ください!

 

ノーカラートレンチコートのパターン(大人用)

ノーカラートレンチコートのパターン(子供用)

 

 

 

ランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 ファッションブログへ
 にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
 にほんブログ村 ファッションブログ 子供服へ

前回はウール素材で作った裏付きのノーカラートレンチコートをご紹介しました。

 

今回から裏無しパターンから裏付きコートを作るアレンジ方法をご紹介します。

 

裏地の付け方には、おおまかに分けて「どんでん仕立て」と「ふらし仕立て」の二つの仕上げ方があります。

 

「どんでん仕立て」は簡単に言うと裏地の裾が表地とくっついているのも。男性のスーツなどがわかりやすいと思います。

 

一方の「ふらし仕立て」は、裏地の裾が表地にくっついていないものです。今回はこのふらし仕立てで作っています。

 

 

表地の裁断は、裏無しの場合と全く同じで大丈夫です。

 

裏無しと変わってくるのがまずは芯貼り箇所です。

 

 

ウール素材のコートなどを裏地付きで作る場合は、前身頃は全面に芯を貼っていきます。これで縫いやすくもなりますし、正面からの見た目も張り感が出てきれいに仕上がります。

写真の下側が前身頃、上側が半分に折った後ろ身頃です。後ろ身頃は生地の重みがかかる肩回りから袖刳りに芯を貼ります。あと裾にも仕上がり線に1僂かるように芯を貼ります。

 

 

袖も後ろ身頃と同様に肩回り〜袖刳り、そして袖口に芯を貼ります。

 

今日はここまで。次は少し面倒な裏地の取り方を解説します。

 

 

皆様のハンドメイドライフが楽しいものになりますように・・・

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

ノーカラートレンチコートを作ってみたくなったら、ぜひネットショップをご覧ください!

 

ノーカラートレンチコートのパターン(大人用)

ノーカラートレンチコートのパターン(子供用)

 

 

 

ランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 ファッションブログへ
 にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
 にほんブログ村 ファッションブログ 子供服へ

 


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • リバーシブル第2弾!ウールロングコート
    ペル

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM