一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

前回は裏付きアレンジの場合の芯貼り箇所を解説しました。

 

今回は裏地の取り方を解説していきます。

 

まずは後ろ身頃から。背中は腕を動かしたり背を丸めたりする際にゆとりが必要なので、背中心にタックを入れます。

今回は表地のパターンの背中心に、横方向に両身で合計4僖廛薀垢靴董■沖僂凌爾気離織奪になるようにしました。

また、衿ぐりは見返しの分を裏地側でカットします。例えば衿ぐりに4儷劼慮返しが付いているとしたら、4僖ットしてしまいがちですが、そこは裏地の出来上がり線になるので、見返しとの縫い合わせに必要な縫い代を忘れずに付けて下さい。つまりカットは3冓です。

次に後ろ身頃の裾ですが、今回はふらし仕立てで、表地から2僂旅気─蔽擦ぁ砲濃転紊欧泙后その場合は表地の出来上がり線で裏地の裾をカットします。1儷劼了阿沈泙蠅砲垢襪函表地から2僂旅気┐濃転紊蠅泙后8紊躾蛤△領地、それ以外は表地と同じにカットします。

 

次は前身頃。前は表地パターンから前見返し分をカット、そこに1僂遼イぢ紊鯊しておきます。この見返しとの縫い合わせラインには、3か所ほど合印を入れておきましょう。前見返しの、裾の出来上がり線から2兢紊僚蠅裏地の裾が来る所なので、そこにも合印を入れておきます。裾は後ろ裏地と同様に前身頃表地の出来上がり線でカットします。それ以外は表地と同じにカットします。

 

最後に袖の裏地です。身頃同様、袖の衿ぐり部分は見返し分をカットして、そこに1僂遼イぢ紊鯊しておきます。裏地の取り方全体で一番のポイントとも言えるのが、袖底のゆとり入れです。袖底、つまり脇の下の部分は表地に覆いかぶさるような形になるので多めにゆとりを入れます。具体的には、表地のパターンよりも袖底を2.5冂上げてパターンを作ります。そうすると、身頃の袖ぐりと縫い合わせる時に長さが合わなくなるため、必然的に裏地の袖巾を広げて袖ぐりの長さと合わせるようにします。

 

 

写真から何となくイメージは伝わったでしょうか?ちなみにこの写真では、衿ぐりの見返し分を除くのを忘れて裏地をカットしてしまいました。

袖口の裏地は、表地の三つ折りの中に入れ込む仕様にしますので、袖口裏地も表地の出来上がり線でカット、と言いたいところですが、袖には裏地がつったりしないように、縦方向に5个曚匹罎箸蠅鯑れます。なので、袖口は表地の出来上がり線プラス5个里箸海蹐妊ットします。

 

以上が裏地の取り方になります。このやり方で、裏地のパターンを作ってから裏地を裁断すると間違いが起こりにくいです。

 

 

今日はここまで。次は裏地の縫い方や表地との合体のさせ方を解説します。

 

 

皆様のハンドメイドライフが楽しいものになりますように・・・

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

ノーカラートレンチコートを作ってみたくなったら、ぜひネットショップをご覧ください!

 

ノーカラートレンチコートのパターン(大人用)

ノーカラートレンチコートのパターン(子供用)

 

 

 

ランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 ファッションブログへ
 にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
 にほんブログ村 ファッションブログ 子供服へ

  • -
  • 09:38
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • リバーシブル第2弾!ウールロングコート
    ペル

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM