一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

前回は表地からの裏地(パターン)の取り方を解説しました。

 

今回はいよいよ表地と裏地の縫い合わせ方を解説します。

 

 

前回の方法で裏地パターンを用意したら、表地、裏地、芯地を裁断しておきます。その後表地に芯を貼っておきます。

 

裏付きコート制作のおおまかな流れとしては、表地をつなげる→裏地をつなげる→表地と裏地をつなげる となります。

 

最初の表地をつなげる部分は、裏無しコートで解説したのと同様で大丈夫です。裏付きの場合も表地の全体がつながったら、前端と衿ぐりに伸び止めテープを貼っておきます。その後は一旦表地は置いておきます。

 

次に前後の見返しをつなげます。今回はさらに裏地と縫い合わせるので、端のパイピング始末などはいりません。

 

見返しをつなげたら、見返しは一旦置いておいて、今度は裏地をつなげていきます。

 

まずは後ろ身頃裏地と袖裏地です。今回のようなふらし仕立ての場合は、一応裏地も表地も縫い代始末をした方が良いでしょう。

 

後ろ身頃裏地と袖裏地の袖ぐりを縫い合わせますが、今回は表地同様縫い代2僂納茲辰討い襪里破イぢ紕沖僂破イい泙后△噺世い燭い箸海蹐任垢、縫い代1.8僂破イ辰討います。残りの2个魯セと言って、一種のゆとりとして残します。具体的にどうするかと言うと、縫い代1.8僂破イ辰討ら、アイロンで縫い代を倒すときに縫い目から2估眤Δ妊▲ぅ蹈鵑鬚けるようにします。そうすると、その折った2个完全に開かれずにゆとりとして残る、と言うわけです。下の写真で何とか伝わるでしょうか?縫い目から2估眤Δ棒泙衞椶付いています。

 

 

 

裏地の縫い方の最大のポイントはキセをかけることです。通常ですと、縫い代は1.2冑佞韻藤鵜僂破イぁ∋弔2个鬟セ。もしくは縫い代1冑佞韻0.8僂破イせ弔2个鬟セ、という風にしていきます。

 

アイロンで縫い代を倒したら、忘れずに縫い代のロック始末をしましょう。裾は1儷劼了阿沈泙蠅任后

 

 

裏地がつながったら、縫っておいた前後見返しとつなげていきます。裏地高でアイロンをかけたら、ここも縫い代にロックをかけておきます。

 

裏地と見返しがつながったら、ようやく表地と裏地を縫い合わせます。ここは、裏無しの場合と同じで、表地と中表に合わせ、左前裾から、見返しを見ながら(上にして)縫っていきます。なぜ見返しを上にするかと言うと、表地側は伸び止めテープを貼っているのでかっちりと長さが動きませんが、貼っていない見返し側は縫っていると正直どんどん伸びてしまいます。最後にすごくずれてしまった、と言うことがないように、合印の箇所をピンで固定しながら、見返しをイセ気味に(ミシンの押さえに押し込んで縫っていく感じ)縫っていくようにしましょう。

 

 

今日はここまで。次は裏付きコートの仕上げを解説します。

 

 

皆様のハンドメイドライフが楽しいものになりますように・・・

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

ノーカラートレンチコートを作ってみたくなったら、ぜひネットショップをご覧ください!

 

ノーカラートレンチコートのパターン(大人用)

ノーカラートレンチコートのパターン(子供用)

 

 

 

ランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 ファッションブログへ
 にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
 にほんブログ村 ファッションブログ 子供服へ

  • -
  • 09:12
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • リバーシブル第2弾!ウールロングコート
    ペル

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM